CAMP GEAR GARDEN

実際に自分で使ったキャンプギアのレビューを 紹介するブログです。

【2022年7月】買ってよかったキャンプギアまとめ

暑い。暑すぎる。

日中外には入れないですね。避暑地まで行かなければ

快適なキャンプができなそう・・・。

 

2022年7月に買ってよかったキャンプギアをまとめてみます。

ってよかったもの① CLAYMORE マルチパイルドライバー】

扇風機でキャンプ業界にその名を轟かせた「CLAYMORE

そこから新たに出た商品が、「マルチパイルドライバー」

 

一般的に認知度が高いのがアルデバランの「EDGESTAND」。

これもカスタムパーツが多数出ていて使い勝手が良いのですが、

この「マルチパイルドライバー」も、持っているべきギアです。

 

おすすめポイントは、

・ポールが太いので、安心感が高い。

 

・カスタム標準パーツが豊富。

 自由雲台や、直接地面に刺すペグなどが付属しています。

 使い方の幅が広がる!

 

・そして、一番の違いはポールが貫通できること。

 EDGESTANDは、万力部分が端っこになるのですが、

 CLAYMOREは、万力部分は両側に穴が開いているので

 長さを好きな位置で固定できる!これが使い勝手が向上する一番の理由。

 

・さらに、TOPの部分はアダプター付き。

 その横にぶら提げられるフックがついているので、

 2段階で使えるのです。

 頭に扇風機を取り付けて、フックにライトを提げるということができる!

 めちゃくちゃ便利ですよ!

 

 では、実用例。

 TOPには、三脚がつけられるネジ穴がきってある

 38explore「38灯」を差し込み。

 フックには、BAREBONES 「ビーコンライト」をセット。

 

長さがあるので、万力を使わずに

すぐに移動できるようにテーブルに

立てかけて使用。こんなのも簡単にできるのがいいですよね!

 

 

 

買ってよかったもの② LOCKFIELD EQUIPMENT DECK2 マルチスツール用

LOCKFIELD EQUIPMENT の

汚れても拭けばOK、雨などでサビないし、非常に使い勝手が良い

素材が気に入っているシリーズの新作が5月に登場。

 

まずは、定番アイテム「マルチスツール」の2段目として使えるのが、

この「DECK2」

黒とグレーの2色があります。

何も工具を使わずに、はめるだけで固定できるのが優れもの!

ちょっとしたものを置くときに重宝。

マルチスツールにジャグを置いて、DECK2にシェラカップなどを置いておくのが

スマートな使い方かもしれませんね。

 

では、装着例。

こんな感じで2段目となります。見た目も実用性も高い!

 

FT40につけた「DECK2」とも相性抜群!

 

買ってよかったもの③ LOCKFIELD EQUIPMENT DECK-0

同時に販売されたのが「DECK-0」。

これは、EDGESTANDを使って装着できるデッキです。

現状は、実店舗でもたまに販売されているレベルで、

ネットではなかなか買う事ができないギアです。

lockfield.official.ec

使用例でご紹介。

これは、UNIFLAME「焚き火テーブル」を黒く耐熱塗装したもの。

テーブルのサイドは、LOCKFIELD EQUIPMENTの「LFE BUMPER」に

付け替えています。

そこに、「EDGESTAND」を装着して、「DECK-0」を取り付けました。

 

「DECK-0」には

Ballistics 「SBS RAIL」が取り付けられる下穴があいているので

別途購入すれば、「DECK-0」の下に付けることが可能!

シェラカップ等をぶら下げる事もできる!これが便利!

 

そして、「FT40」や「GT40」にも装着することももちろん可能。

フルセットコーデは、こうなります。

 

そして「DECK-0」は、

MINIMAL WORKS「インディアンハンガーS」に

乗せてもちょうど良いですよ

(固定はできないので注意)

 

 【総評】

今月のギアは特に実際使ってみて、

見た目も実用性もほんとうに高いギアをご紹介しました。

素材や使い方等が本当に考えられているなと思います。

ガレージブランドのギアはなかなか手に入りずらいので、

定価以上になっているサイトが多いので、注意してくださいね。

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村